ニキビケア(本製品)
ビーグレン ニキビケアトライアルセット

背中ニキビを治したい・・・

背中にできたニキビをどうしたら治せるか。
悩ましいですよね。


背中は普段目につかない場所ですので、背中ニキビは初期段階では気づかない場合も多く、悪化した状態で悩まれる人も多いです。

 

背中ニキビは原因を知って、きちんとケアすれば治ります!

悪化しすぎた場合にはお医者さんに行く必要がありますが、ここでは自宅でできる背中ニキビケアを紹介します。

 

背中ニキビ 原因


まず背中ニキビを治すには原因を知る必要があります。

背中ニキビができる原因はおもに次の4つにあります。

 

 

  • 皮脂分泌
  • 外部からの刺激
  • すすぎ残し
  • ホルモンバランスの乱れ


まずは過剰な皮脂分泌です。

背中は皮膚が厚く、皮脂が分泌されやすい部位ですので、もともと過剰な皮脂分泌が起きやすい部位です。

乾燥などによって皮脂が分泌されやすくなると、過剰な皮脂分泌によりニキビができやすくなります。


外部からの刺激や摩擦もニキビの原因です。

体を洗うナイロンタオルなどが体にあっていないと、皮膚を傷つけ刺激によりニキビができてしまいます。

その他にも衣服の繊維がすれたり、刺さったりすると刺激になってニキビとなっている場合もあります。


意外に多いのがシャンプーやリンス、ボディソープのすすぎ残しです。

背中にはすすいだシャンプーなどが残りがちで、ちゃんと流してあげないとすすぎ残しとして体に残り、背中の皮膚が清潔な状態でなくなりニキビの原因となります。

 

後はホルモンバランスの乱れです。

これは大人ニキビの主原因でおなじみですが、ストレスや睡眠不足、生理などの影響でホルモンバランスが乱れるといわゆる吹き出物ができるということになります。

ホルモンバランスが乱れると、「黄体ホルモン」という皮脂分泌を促すホルモンが多く分泌されてしまうためニキビができやすくなります。

 

背中ニキビ 治し方

このように背中ニキビには様々な原因がありますので、原因に合わせて対処していくことで背中ニキビのケアにつながります。

ホルモンバランスの乱れが原因の場合には、まずはホルモンバランスの乱れを治すように生活習慣を見なおしたり、外部からの刺激が原因の場合にはなるべく肌に刺激を与えないようにしたり、すすぎ残しもなくすようしっかりすすぎをします。


共通でできるケアとして有効なのは、「保湿」です。

 

背中ニキビができている場合には、ビタミンCやビタミンC誘導体が配合されている化粧水や美容液を使うのが有効です。

ビタミンC誘導体が配合された美容液はいくつかありますが、私が推すのはビーグレンのCセラムです。


ビーグレンはシワに悩む奥様のために開発者の方が作った美容液で、家族のために作ったのなら変なものは入れないですし、効くものになりますよね。

実際に使用してみてもかなりお肌に浸透している感じがします。


ビーグレンの化粧品は安くはありませんが、「浸透している」と実感ができる数少ない美容液です。

本気で悩んでいる人はお試しセットだけでも使ってみると良いですよ(*^^*)

 

あとはシーボディのVCローションも超ビタミンといわれるVC200が配合されていて、通常のビタミンCの200倍の効果があるんだとかΣ( ̄口 ̄;

 

背中は油分が多いので、乳液やクリームはNGです。

化粧水と美容液でケアをするようにしましょう。


今ある化粧水を背中に使用するだけでも随分違いますので、まずは化粧水を使ってケアをしてみて、それでも効果が薄いまたは早く治したい人はビタミンC誘導体や保湿成分が配合されたニキビケアに向いた美容液などを検討するとよいと思います。

 

それでも効果が出なかったり、症状がひどい人は皮膚科にいかれることをおすすめします。

背中ニキビは見えないので放置しがちですが、ひどくなると治療に時間もお金もかかりますので、早めのケアが重要になりますね。

© 2016 ニキビを治す化粧品は? rss