ニキビケア(本製品)
ビーグレン ニキビケアトライアルセット

おでこニキビを治すには?

おでこや眉間、生え際など、目より上の場所もニキビができやすい場所ですよね。

大人ニキビでも思春期ニキビでもできやすい場所です。


人生ではじめてできたニキビがおでこという人も多いのではないでしょうか。

おでこは顔の目立つ部分にありますので、なんとかしたいと考えている人が多いと思います。


そこでおでこニキビの原因と有効な治し方などを紹介したいと思います。

 

おでこにニキビができる原因は?

おでこニキビができる原因は、大人ニキビと思春期ニキビで若干異なります。

 

大人ニキビの場合は髪の毛が触れることによる刺激や、シャンプーやトリートメントのすすぎ残しによる刺激が主なものです。

簡単にいうと外部要因が原因といえますね。


一方で、思春期ニキビの原因は上記に加えてホルモンバランスが変化したことによって、皮脂が過剰分泌されることが大きな要因となります。

外的要因だけでなく、内的要因も原因にあることから思春期に多く見られるニキビですね。

思春期の時期の皮脂分泌は非常に多く、通常毛穴から排出されますが毛穴の中に溜まってしまって、古い角質や老廃物と混ざって毛穴を塞いでしまうんです。

 

皮脂が毛穴に詰まってしまうと、アクネ菌が増殖してニキビとなります。

大きくこのような原因でおでこニキビができます。

 

おでこニキビはどうやって治す?

おでこニキビを治すには、おでこニキビができている原因を1つずつ取り除いてあげる必要があります。

 

具体的には以下を行っていきます。

 

  • 外的要因を取り除く
  • 正しい洗顔を行う
  • 洗顔料、シャンプーをしっかりすすぐ
  • 皮脂を抑える食生活をする


大人ニキビの原因は髪の毛がおでこに触れないように気をつけます。

またニキビができると気になって指で触れたりしてしまうものですが、これもしないように注意します。

髪の毛はアップにするのが最も安全ですが、見た目が気になる人は横に髪を流してピンでとめるのも良いですね。


また、泡で優しく洗顔をしてあげるのもニキビケアの基本ですね。

乾燥も皮脂分泌を招きますので、洗顔後の保湿をきちんとすることが重要な点も他のニキビと同じです。


洗顔料、シャンプーのすすぎ残しが多いこともおでこニキビの特徴ですので、ごしごし洗いをしない範囲で丁寧にすすぐことも重要です。

生え際などは特にすすぎ残しが出やすい部分ですので、注意が必要です。

シャワー、洗顔の時ともに完全に洗い流した状態で終えるようにしましょう。


食生活を気にするのも有効です。

ビタミンBには皮脂を抑える効果があると言われていますので、豚肉、レバー、青魚、納豆、きのこなどが良いですね。

また動物性脂肪は摂り過ぎると皮脂分泌を招きますので、とりすぎに注意しましょう。

アルコールや刺激物も皮脂腺を刺激して皮脂分泌を促してしまうので、取らない方が良いでしょう。

 

© 2016 ニキビを治す化粧品は? rss