ニキビケア(本製品)
ビーグレン ニキビケアトライアルセット

ニキビ 口元

口周りのニキビは大人になってからできることの多い場所ですね。

顔の中でも目立つ場所ですし、痛みもあるのでできると結構憂鬱になりますよね。

 

赤くなることも多いので化粧でも隠しづらく、恥ずかしいと感じている人が多いようです。

そこで本ページでは口周りにニキビができる原因と、どのように治したらよいのかケアのポイントを紹介します。

 

口周りニキビができる原因

口周りのニキビは内臓からの危険信号と言われており、主に胃腸の疲れ等によってできると言われています。

 

胃腸が弱くなる原因は暴飲暴食や糖質・脂質の取りすぎによって引き起こされます。

またストレスなどによってホルモンバランスが乱れることでもできるニキビです。

 

また・・・

 

食事の時など食べ物が口の周りについていると、ニキビ菌の餌になってしまいます。

ゴシゴシと口を拭いたりすると乾燥もしやすい箇所ですので、それによって肌のバリア機能が低下することも、ニキビができたり治りづらかったりする原因になります。

 

さらに口周りのニキビを隠そうとファンデーションなどで目立たないようにすると思いますがこれもお肌にとってはよくないのでニキビを悪化させる原因になります。


このように口周りのニキビは胃腸の弱りを主な原因として、口周りの乾燥やお化粧などによって治りづらくなったり悪化したりします。

口周りのニキビのケアをする場合は体の内側と外側両面をケアしていく必要があります。

 

口周りのニキビを治す方法は

口周りのニキビを治すには、上述した通り体の内面外面の両方からケアをしてあげる必要があります。

 

まず重要になるのが食生活です。

 

糖質・脂質の取りすぎを抑え、ビタミン豊富な緑黄色野菜を積極的に摂るようにしましょう。

胃や腸が弱ってできていることから、胃腸に優しい食事を心がけるということですね。


また口周りの乾燥に注意し口をゴシゴシふくことを避け、優しく拭いたり、口周りのメイクは控えめにして必要な場合はマスクで隠すなどをするとお肌を保護することができます。


さらに口周りは乾燥がしやすい部分でもあるのでたっぷりと保湿をすることも重要です。

乾燥対策はニキビケアの基本ですので、きちんと保湿をしていきたいですね。

 

口周りのニキビにおすすめの化粧品

口周りのニキビをケアする化粧品としては、あごやフェイスラインのニキビケア専門の保湿クリームでメルラインが有名です。

多くの美容ブログなどで取り上げられている注目のニキビケア化粧品です。

口周り

 


またニキビケア全般に有効なケア化粧品としてはビーグレンのニキビケアセットがおすすめです。

浸透力が売りで、肌に塗るとじんわりあったかくなるほど浸透していることを感じられます。

この浸透力でビタミンC誘導体などスキンケアに有効な成分が効率的に浸透していきます。

お値段を安くありませんが、早く確実にニキビを治したいと思ったらビーグレンをおすすめです。

ビーグレンはもともと肌トラブルに悩む奥さんに向けて開発者の人が作った化粧品ですので、効きが違います。

ニキビケア(trial)

 


あと、市販されているものだと口周りの乾燥を防ぎ、外部刺激からも守ってくれるワセリン等は良いかもしれません。


以上が口周りのニキビのケア方法です。

口周りやあご等のUラインは、体の中でも皮脂の分泌つが多く毛穴が詰まりやすい部分です。

つまりニキビができやすいので、保湿をたっぷり行ってお肌を潤った状態に保つのがニキビを直し、予防したりするのに最も効果的です。

 

© 2016 ニキビを治す化粧品は? rss