ニキビケア(本製品)
ビーグレン ニキビケアトライアルセット

ニキビ 頬

頬にもニキビができてしまうことが多いですよね。

 

私も以前、定期的に頬にポツポツとニキビができて、悩んでいた時期がありました。

頬にニキビがあると目立ちますし、お化粧のノリも悪くなるので気になりますよね。

 

一般的に、ニキビは皮脂の量が多い部位にできやすいとされています。

ですが、頬は皮脂の量が少ないのになぜニキビができてしまうのでしょうか?

 

頬のニキビの原因を見ていきましょう。

頬のニキビの原因


頬ニキビの原因は食生活の乱れや睡眠不足、ホルモンバランスの乱れやストレス、また布団や枕、タオルなどの外的刺激が原因と言われています。

  • 食生活の乱れ
  • 睡眠不足
  • ホルモンバランスの乱れ
  • ストレス
  • 布団や枕などの外的刺激


頬ニキビは胃腸や肝臓に負担をかけることで、胃液が減少したり、ニキビができやすい環境になってしまいます。

そのため、胃腸や肝臓に負担をかける糖分や脂肪分の取りすぎ、あるいは肝臓の機能の低下を招くお酒が原因となっていることもあります。

 

お肉やチョコレートなどの油の多いもの、あるいは甘い物は特にニキビを作りやすいと言われています。

睡眠不足も体全体の抵抗力を下げることになり、ニキビができやすい環境になります。


ストレスを感じると女性ホルモンの機能が悪くなり、ホルモンバランスの乱れがおきます。

女性ホルモンが少なくなるとお肌の乾燥ができ、わずかな皮脂でも頬ニキビが発生しやすくなります。

 

また普段うつ伏せや横向きで寝る人の場合、頬に枕や布団が触れることになりますので、その汚れが原因となって頬のニキビができることもあります。

布団や枕が清潔であっても、肌に合わない洗剤などを使用しているとニキビの原因になることもあるようです。

 

外的刺激を除くと、ホルモンバランスの乱れや内臓機能の低下によってお肌が乾燥することになり、肌のバリア機能が弱まることで少ない皮脂でも毛穴が詰まりニキビとなってしまいます。


中でもストレスによる女性ホルモンの分泌の低下は頬ニキビの原因の中でも最も多いといわれています。

 

頬のニキビを治すには?

そのため頬ニキビに切りに悩んでいる人は自分の生活のストレスを見直すようなことを最初にすると良いでしょう。

(ちなみに私の場合も睡眠不足とお酒が原因でした。)

 

根本的な原因は、ストレスなどが原因のホルモンバランスの乱れですが、そこから肌の乾燥を招いているので、すぐに治したい人はお肌の保湿を頬で重点的に行う必要があります。

女性ホルモンと似た働きをするといわれる、大豆イソフラボンを含む豆乳や豆腐などを食事で摂取するのもおすすめです。

 

 

© 2016 ニキビを治す化粧品は? rss