ニキビケア(本製品)
ビーグレン ニキビケアトライアルセット

ニキビ 鼻の下

気づいたときにポツンとできた鼻の下のニキビ。なんだか目立つしいやになりますよね?

鼻の下はニキビが結構できやすい部分ですので、原因を知った上でスキンケアをして予防もしていきましょう!

そこで、このページでは鼻の下にニキビができる原因、また効果的なお手入れ方法と予防法について紹介します。

 

鼻の下ニキビができる原因

鼻の下ニキビができる原因は主に過剰な皮脂分泌とホルモンバランスの乱れによります。

  • 過剰な皮脂分泌
  • ホルモンバランスの乱れ

鼻の下はもともと皮脂腺が多く皮脂が分泌しやすく溜まりやすい部分です。

 

特に10代は皮脂分泌が活発なので、毛穴が詰まりやすくなり思春期ニキビが多い部位です。

皮脂分泌が多い人であれば20代以降も鼻の下ニキビの原因になります

 

ホルモンバランスの乱れは20代以降の人がニキビができる原因です。

ストレスや睡眠不足、生理などの影響によって乱れ、体内の皮脂分泌を過剰に促進してしまい、毛穴に詰まってニキビができやすくなります

 

「過剰な皮脂分泌」と「ホルモンバランスの乱れ」

ニキビのできる二大要因ですね。

鼻の下ニキビを治す方法

鼻の下ニキビを治すには、思春期ニキビも大人ニキビも同様で、過剰な皮脂を取り除いてきちんと保湿をしてあげることです。

余分な皮脂を取り除くのは当然ですが保湿をしてあげて皮膚が新たに皮脂を分泌することを防いでもいきます。

 

洗顔はよく泡立ててゴシゴシ洗いをせずに丁寧に行う。

また洗顔料はよくすすぎ、洗い残しをなくす。

 

など基本的な洗顔はニキビ対策全般に共通して言えることです。


さらにすでにニキビができてしまっている人は、ビタミンC誘導体や保湿成分が配合された化粧水や美容液でのケアがおすすめです。

鼻周りは油分が多く、きちんと水分を増やしてあげる必要があるので、なるべく効果の高い化粧水や美容液を使用して、しっかり保湿をしていくようにしましょう。


ちなみに私のオススメはビーグレンのニキビケアセット、またVCローションです。

大人ニキビの人はラミューテの美肌セットもオススメです。

>>ビーグレン ニキビケアトライアルセット

 

 

自分のケアだけではニキビが治らない人は・・・

自宅のケアでもニキビは治りますが、なかなか治らない人や炎症が強い人は皮膚科に行くのもオススメです。

早めに治したい人、ニキビ跡を残したくない人は専門家の治療を受けるようにしましょう。

 

鼻の下ニキビの予防方法

できたニキビが治ったら次にできないように予防もきちんとしていきましょう。

 

といっても

予防方法もニキビができてからのケアと基本的に同じで、洗顔をきちんとして余分な皮脂を取り除き洗顔後の化粧水や美容液できちんと保湿をしていきます。

 

また大人ニキビの予防はホルモンバランスの乱れを防ぐことが重要になります。

十分な睡眠をとり、ストレスを避ける生活をし、またビタミンが豊富な食材を食事に積極的に取り入れるなどすると予防に効果的です。

 

特にニキビにはビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCが効果的だと言われています。

ビタミンB2が豊富な食材には納豆、牛乳、うなぎ、人参、ほうれん草などがあります。

ビタミンB6が豊富な食材は豚肉、油肉、鶏肉、さつまいも、大豆などがあります。

ビタミンCが豊富な食材にはレモン、ブロッコリー、かぼちゃ、赤ピーマンなどがあります。


なお


食事という意味では、過度な糖質脂質は過剰な皮脂分泌を招くことになるので、甘いものや脂っこいものはできるだけ控えたほうが良いでしょう。

全てを完璧にすることは難しいと思いますが、いくつか気にするだけでも鼻の下ニキビはぐっとできづらくなりますので、生活習慣を意識してきちんと予防していきましょう!

 

 

© 2016 ニキビを治す化粧品は? rss